SART研修会がNHKニュースで放映されました

2015年2月13日、14日に開催されたSART研修会について
NHKニュースで放映されました。

以下ニュース引用です。

性犯罪被害者支援 米の講師招き研修会
2月13日 14時55分・NHK
性犯罪の被害者の支援を行う団体が、先進的に支援に取り組んでいるアメリカから講師を招いて看護師などを対象にした研修会を東京都内で開き、講師は病院や警察などが連携を強めることの大切さを訴えました。

13日は文京区の会場に、性犯罪の被害者と接することが多い看護師や相談員などおよそ100人が集まりました。
初めにアメリカのミネソタ州のミネアポリスで38年前に性犯罪被害者の支援のための組織を作ったリンダ・リドリー博士が、「病院や警察、それに相談員などが連携して支援に取り組んだ結果、検挙率が上がったり、被害者がより早く社会復帰したりするなど多くの効果が現れた」と話しました。
そのうえで、「証拠採取など専門的な知識を持った看護師や警察官の育成とともに病院や警察などの連携を強めることが最も大切だ」と訴えました。
続いて、性犯罪の被害者が相談に来たという想定でロールプレーイングが行われ、アメリカで性犯罪の捜査に当たっていた元警察官のジェームス・マーキイさんが、「被害者から話を聞く際は決して攻めずに、ことばづかいや態度に気をつけながら可能なかぎり正確な情報を聞き取ることが大切だ」と指摘していました。
研修を主催した茨城県立医療大学の加納尚美教授は、「さまざまな機関の連携や支援者の育成が大切だと感じたので、日本に合った支援の仕組みを整えていきたい」と話していました。 <引用ここまで>

NHKニュースのリンクはこちら
*NHKが削除した場合は見られなくなりますのでご了承ください。